2017年3月4日土曜日

【2月26日】ジャンボのひとり反省会~2局目

ジャンボ大会のひとり反省会を続けていくよ。

2局目の相手は「乱石会・魔手」チーム。

なんとなく詰碁の鬼手・魔手からチーム名つけてそうだから

乱石会ってところで2チーム出してるのかな?

チェックしてないからわからないけどね。

初戦がラスボス級だっただけにここで勝って

ストロベリー栃木としての初勝利を得たいところだったね。

1局目と同じく俺の黒番。

前回は高目に空き隅をそのままにいきなりかかられて

不発に終わった高目オオゲイマを今度こそ!と思ったんだけど・・・。






まーた防がれちゃったよっ!!

というか高目にいきなり星ツケとか初めて打たれたよ!!



とりあえず下からハネてみたんだけど2とハネ返されて

最初はABCみたいな手がないかなぁ~って考えてたんだけど

上手くいかなそうだったので結局Dにつなぎました。

ここで時間使わされたのが苦戦の入り口だった気がする。



一応ABCのルートがどうなってるかというと

4のキリから6にハネられて黒に良い図がなさそうなんだよね。



続けて1~3とアテツガれて4のキリには5と打たれると

このあとAでもBでも黒が良くならないんだよね。



Aだと3まで△がシチョウで論外だし



Bだとこっちの△が飲まれてしまう。

まぁBルートなら黒もそこそこ厚いし先手だし

打てないこともないんだろうけど

もっと簡明な道があるんだからそっちで良いよねって話。



で簡明策の単ツギを選択。

4まで黒先手でどこに行くか?

部分的に打ち切るならA辺りにヒラキだけど

配石のバランス的にはBのオオゲイマジマリで打ちたい気もする。

ただこの碁ではまだ空き隅が残っているのでそっちの選択肢もある。

結局俺は再度高目オオゲイマチャンスを狙ってCの空き隅高目を選択。

この高目C打つときもしかしてまたやってくる人だったりするのかな?

とチラッと思って一瞬打つ手が止まりかけたんだけど結局そこに打ったら



相手はノータイムでツケテきたんだよね。

やっぱりそういうやつだったか!って感じだよ。

右下隅でキリの変化読んで時間使って

空き隅回る時おかわりされるかなって思って時間使って

切れ負けの碁のこんな序盤の段階で

持ち時間大差ついてるの結構まずかったよね。



結局左上は右下と同じ手順をたどって再度黒番。

AやB、もしくはCのカケもあるし(上辺側は同型なので略)

左右同型だから中央に手アリの格言に従うなら

D辺りも面白そうかなとも思ったんだけど

さすがに見通しが立たなすぎるのでそこまでの冒険はせずに



カケで厚みを強化する道を選択。

白の割打ちにどちらからツメますか?



Aだと普通に打たれてても5まで治まられて直前の△がぼやけるので却下。



Bから詰めてトビにボウシまではそんなもんなんだろうなと思います。



トビで1と二間に開こうものなら上から圧迫されて窮屈この上ないです。

このあとABCにDヒラキぐらいで黒が打ちやすいです。



続けて1のトビから3のトビでこの白一団は結構丈夫になってしまいました。

次にAに打てばすぐ治まりますし、BやCと脱出経路も2か所あるので

黒としてもこれ以上攻めるのは難しいです。

なのでひとまずは右上が固まったことを喜び上辺に展開しました。



この辺に黒が来ればA封鎖が△攻めの復活と上辺拡大を兼ねるので

いい感じなんじゃないかと思って打ちました。



白はいきなりツケで入ってきました。

これは多分あまり良くなかったのでは?と思います。

コスミからサンサンへ打ってきましたが



ツケからサンサンの石を嚙み取って

なお白は中に出ていかなければなりません。



少し進んで白が上辺を消しに来ました。

Bぐらいに受けていてもよかったんじゃないかと思いますが

実戦はAから攻めていきました。



ケイマケイマで追いかけて5のカケで分断と

気分良く打っていたつもりでしたが



この5の手が良くなかったです。



ブツカリから塗られて9のハネまで中央白への攻めは空振り気味です。

逆に黒が薄くなってしまったのでこれは大失敗でした。

 

実戦は続いて1のオサエにサガリで打ってくれたので

3を利かして5のカカリが打てました。

これで多少は盛り返したでしょうか?

この辺の形勢判断が良くわからないんですよね。



ただ俺としては隅のサガリでこのシマリの方が嫌でしたね。

黒から逆にハネつがれてもABCの出切りもあるので

5,7と打ってABC狙ってれば白が打ちやすいはずです。



続けてツケから隅の地に食い込みながら左辺を治まり

先手を取って11に回りました。

が、ここで白から左辺をうまいことやられます。



1と2線から入り5のノゾキがうまかったです。



素直につなぐと2のツケから4ブツカリでAとBが見合いで崩壊します。



なのでのぞいたのですが



噛み取りから5のキリで7,9を先手で打たれて

めちゃくちゃ利かされてしまいました。

なんですか!?コレ!!



最初には行った石があるからちょっと違うけど話としては

1,3ハネツギと5,7の隅のヨセと打たれてる間に

黒は6,8って打ってるようなもんですよ!!

さすがにこの利かされ祭りはひど過ぎます。

中央の攻めで失敗して左辺でもうまいことやられて

これじゃあ黒が良いはずがないんですよ!!



左辺を先手で利かされた後は1と最後の大場に白に先着され

ヨセで何とか追いつこうと2,4打った時に中央5と手厚く打たれ

Aのキリをにらんで△が切り離されると中央も薄い。

この時点で見えてる時は盤面でも細かいのでは?

と思っていたぐらいです。(局後の検討の感じでは相手もそう思ってました。)



3のコスミ利かして中央の傷はとりあえず誤魔化して

2線のヨセをせっせと打ちます。

優勢意識の白は無茶してこないので目一杯突っ込みます。



3の出のおかげで4が打ちやすくなりました。

2子軽いと手抜かれちゃう心配があったのですが

3打ってきたタイミングなら捨てにくいですからね。

中央の目の具合がこれで少し変わりました。

7で10に滑ってこなかったのは謎。

13置きからの抉りはデカかったです。

この時点で見えてる地だと白の方が多いぐらいなので

黒としてはなんとか中央に地をつけたいのです。



ヨセの最中に中央の目の具合が変わったので

1目引っ張って攻める振りで威嚇しました。

Aからトリカケが怖いんじゃないですか?と。



威嚇にひるんだ白が1と打ってくれたので

2のツケから6のカケまで中央に黒地が出現しました。



この辺すでに3分切ってたのでいろいろと読めてなかったんですが



ハネついで8膨れの辺りではなんか勝てそうって気にはなってました。



1アテに先に2,4と決めて6のツギまで

なんだかなんだ中央に20目近い地が付きました。

この後の手順はバタバタだったので不明ですが

この後も白はちょっとづつヨセで損してた気します。

結果は盤面20目。黒の13目半勝ちでした。

明らかに中央についた地の分だけ良くなりました。

チームは次々勝ってお昼ごはんになっていく中

俺だけ負けてしまうのでは!?と思いながら打っていたので

なんとか勝つことができて良かったですww



この並び打たれた辺りの図からは

ここにこんなに地がつくなんて思ってもいなかったので

形勢超悪っ!!って思ってましたがどこで良くなったんですかね?



この図の時点ではA確かに怖いので

すでに中央の囲いが避けられないとするなら

やっぱりヨセの最中に中央の目の具合が変わった辺りで黒が良くなったのかなぁ?

なんかいまいちここで良くなったね。みたいなのがハッキリしないんだよなぁ。

結果は勝ちでも反省の多い碁でしたね。

最初の中央の攻め方とか左辺での打ち方とかは

ハッキリ悪いのでもうちょっと考えて打つべきでした。

布石の段階でいきなりツケとか

結果的に左右同型になって中央に転がしたくなったりとか

そういうので時間を使い過ぎてしまったのも

切れ負けの碁としては良くないところだったかもしれません。

勝った碁ぐらいダメなところばかりでなく良かったところも探すとしたら

あきらめずに中央のモヤッとした空間に地を作りにいったところとか

時間なくても形勢良くなってからのヨセは丁寧に打ててたとかその辺ですかね。

ここまでチームとしても個人としても1勝1敗でお昼休憩の折り返しです。

後半2局の碁もトッポばりに最後まで反省点たっぷりなのでよろしくお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿