2017年8月17日木曜日

基本定石の理解度不足と攻めの方向音痴のコラボ

先週ポケモンGOの帰りに初台で打った碁の反省。

この日はもともと初台まで行って碁を打つ予定だったが

一緒に行く予定だった囲碁仲間と俺の母がポケモンGOにはまっていたため

横浜でやっているポケモンGOのイベントに行ってから

後半だけ初台碁聖戦に参加することになった。


その日2局打ったうちの2局目の話。

俺の黒番。

相手は先月も打った女の子。

なんだか足を怪我していた気がするけど

そんなの囲碁とは関係ないからな!

この前は相手が間違えて勝ったけど

普通に打たれてたら悪かったから今回も間違えてくれよな!?←おいっ


さて

いつものあれじゃないのはいろいろ試してるから。

2017年8月8日火曜日

絶対麻雀好きな人ですよね?

たまにはちょっと囲碁と関係ない話でも。

以前勤めていた保険代理店で扱っている自動車保険の

事故対応のフリーダイヤルなんだけど

「事故は365日」の語呂合わせで

「258-365」って番号だったんだけど

この番号を見ていつも

この電話番号考えた人って相当麻雀好きなんだろうなぁ…

って思ってたんだよね。


世界アマ栃木県大会のひとり反省会

先月末にあった世界アマ予選だけど

一番の敗因は前回の記事の通り

相手の時間切れに気付かなかったことだけど

それはそれとして盤面の反省もしていこう。

その前にちょっというとそもそも県代表決める大会ぐらい

使用する対局時計はデジタルにしてくれないかなぁ?

栃木の規模だったら代表決定戦のみデジタル時計ってことなら

予備も含めて10個あれば十分だろうし

来年から対局時計はデジタルにして欲しいなぁ。

相手の同意があれば持参して使ってもいい気はするけど

アナログ時計かデジタル時計かで勝敗が分かれるようなこともある以上

それはそれでどうなんだろうって思うしなぁ。

さて

ここからは盤面の反省タイムだッ!!

そして序盤早々潰れるから反省ポイントはわかりやすい。



ここが一番の反省ポイントです!


2017年7月31日月曜日

対局時計と切れ負けルールの話。

世界アマ今年も負けてしまいました。

今回総文祭や中学生の大会なんかと被ってたようで

普段より人数が少なかったですね。

栃木の場合世界アマとかの時に代表戦の他に

有段者戦とか級位戦とかもやってるので

総参加数で言えばそれなりにいるのかもしれないですが

代表戦に関して言えば16人参加は

今年の朝日アマ、アマ本なんかと比べると最小でしたね。

とはいえ少ないから楽ってことではなく

参加16人中7人が直近5年での代表経験者ってあたり厳しいですよね。


2017年7月14日金曜日

黒でよく打つ雀碁流布石の改良案

高目からのオオゲイマジマリって

本当に俺以外誰も使ってないのでは?と思うレベルで見ないよね。

逆に使いこなせれば強力な武器にできると思って使い続けてるんだけど

なんだかんだ近いレベルとは良い勝負になるけど

上手には簡単に負かされちゃうんだよね。

ってことで最近は右上隅の着手位置をちょっとずつ変えて色々試しているよ。



はじめは星だったんだよね。


2017年6月28日水曜日

北関東某県南部の趙治勲

最初に言っておくが私は週刊碁では真っ先にお悩み天国に目を通す程度には趙治勲好きである。
そんな俺が見間違うはずは無い!それは先に言っておく。


さて


先日栃木の囲碁仲間数人ですし華亭で寿司を食べていた時のことである。
食事を終え皿の枚数をピピッと数えてもらいレジへと向かう。
その途中にI崎君が一言「趙治勲がいる。」
もちろん栃木に趙治勲はいない。
視界の隅にいた天パを趙治勲的毛髪だとネタにして言っているのだと思った俺は
「ただの天パは趙治勲じゃねーよww」と一蹴。
ところが「その天パで間違いないが今度は顔もしっかり見てくれ。」と言われる。
確かに最初の時はあまりしっかり見ると失礼かなと思いちゃんと顔を見なかった。
それはそうなのだけれどそうは言っても趙治勲だよ?
あんななんか面白い顔なのにどこかカッコいいおじさんがそうそういてたまるか!
と思い目をやると…。

趙治勲にしては若い。若いんだけど確かに趙治勲である。
20歳ぐらい若くした趙治勲がそこにいたのである。
髪もなんか茶髪っぽいんだけどもう趙治勲にしか見えない。
マジか。これたぶん本物より趙治勲だ!

以前一度だけプロのペア碁の大盤解説してた生の趙治勲を見たことがあるが
明らかにこっちの方が趙治勲なのである。
もちろん本物は本物で趙治勲なのだが
今目の前にいるのも何故か本物以上の趙治勲だったのである。
本人以外でこんなに趙治勲な人物がいたのか!と驚き思わず吹き出すww
前にいた一緒に寿司を食っていた囲碁仲間のY本さんに
「ちょっとつば飛ばさないでよ」と言われるがこちらはそれどころではない。
「いやwwでもwwちょwwくふぅんww」というのが精一杯である。
その後レジに並び俺→I崎君→Y本さんの順で会計。
Y本さんの会計中に件の趙治勲がレジの列に並ぶ。
直前によく見てなかったY本さんが振り返るとそこには

趙治勲がいた。

明らかに動揺しながら笑いを堪えている。
さっき俺が見たのがこの人物だと察したようだった。
3人は会計を終え外に出るとまずどう見ても趙治勲だったねということを確認しあい爆笑したww
3人そろってこれほど似ているというのだから間違いなくそっくりだったのだ。
ちょっと若かったけど本物以上の趙治勲っぽさがあったのだ。

よくよく考えてみれば喜劇王のチャップリンだって
チャップリンそっくりさんコンテストに偽名で参加して優勝を逃している。

本物以上のそっくりさんがいても可笑しくはないのだ。
いや可笑しくはないがやはり可笑しい。
3人とも駐車場で明日には腹筋が割れているんじゃあないかというほど笑った。
本人がその場にいなくてもこれだけの笑いを提供できるとは
やはり趙治勲は天才だなと確信した。
これが井山だったら「あぁ、あの人なんか井山っぽいね。」で終わっていたはずである。
偉大なる趙治勲だから起きた笑いである。


家についてからふと思う。
これはひょっとしてお悩み天国投稿案件なのでは?と。
これは渾身の初投稿になるのでは?
嬉々としてどんな文章を送り付けようかと下書きを始めたのだが
少しして「これはお悩みではないな」と気付く。
どんなに面白いネタであれ投稿テーマに沿わないなら送るべきではない。
なんとかお悩み相談っぽくできないかと考えたが
「あなたのそっくりさんを見かけて笑ってしまいました。」
をお悩みにするのは難しい。
仕方ないので諦めてブログのネタにすることにした。


貴方の街にも本物以上の趙治勲がいるかもしれない…。

2017年6月14日水曜日

アマ本栃木県大会のひとり反省会

先月の朝日アマに続きアマ本因坊でも不甲斐ない結果となってしまいました。

今回は一回戦から単純棋力でみればおそらく県内最強の男※K村氏が相手だったので

くじ運ナスって感じですが勝ち上がっていけばどこかで当たるんだし

基本的には勝てるようになるしかないんですよね。

※なお女性に弱いという弱点があるのでK塚姉妹やT田さんなどには負ける模様。

なのでトーナメント的な理想としてはK村さんが女子にやられた後に

漁夫の利を得られるような組み合わせを引ければ限りなくくじ運ヨスなんだよね。

実際俺以外の参加者が漁夫の利を得る形で今回優勝してましたからね・・・。

まぁそれはともかく次につながるように自分の碁の反省をしましょうね。



俺の黒番。

目外しと高目オオゲイマの組み合わせに対して

白は二連星から小目にシマリ。

カタツキからトビに目外しにボウシしてから二間ジマリと

お互い何とも言えない間の取り合いからスタート。